楽天ID連携&オンライン診療5,000円(税抜)以上のご利用で1,000楽天ポイントプレゼント

AGAナビ

薄毛治療やAGAについてわかりやすく解説!

家族がはげなら遺伝する?はげる仕組みや治療法を徹底解説

家族がはげなら遺伝する?はげる仕組みや治療法を徹底解説

「祖父や父がはげているから、自分もはげてしまうのでは?」「髪の毛が薄くなりつつあるのは遺伝のせい?」、そんな不安を抱えていないでしょうか。たしかに、遺伝ははげてしまう原因の一つです。しかし、遺伝だからといって対策がないわけではありません。

ここでは、はげが遺伝する仕組みを詳しく解説するとともに、ケア方法や治療法についてもお伝えします。

はげやすい体質は遺伝する?

はげやすい体質は遺伝する?

はげる原因はさまざまですが、遺伝もその一つです。遺伝子の中には、はげを誘発しやすいものがあり、父親からも母親からもそういった遺伝子を受け継ぐ可能性があります。とはいえ、父方・母方の親族にはげている人が多いからといって、必ずしもはげるわけでもありません。ここでは、はげる仕組みについて説明しましょう。

還元酵素「5αリダクターゼ」が活発な体質

5αリダクターゼは、「テストステロン」という男性ホルモンと結びつき、ジヒドロテストステロンというホルモンへと変化させる還元酵素です。ジヒドロテストステロンが毛根にあるアンドロゲン受容体に結合すると、髪の成長抑制や皮脂の過剰分泌がおこり毛髪の育成に悪影響を及ぼします。

「アンドロゲンレセプター」の感度が高い体質

アンドロゲンレセプターは、毛根にあるアンドロゲン受容体のこと。アンドロゲンレセプターの感度が高いと、脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンと結びつきやすくなり、髪の毛の成長が抑制されてしまいます。

アンドロゲンレセプターの感度は、遺伝によって左右され、感度が高ければ高いほど、はげやすくなります。

こんな人ははげが遺伝するかも

こんな人ははげが遺伝するかも

女性は、はげの遺伝子の影響を受けにくいため、見た目ではわからないかもしれません。しかし、はげる遺伝子を持っている可能性は十分にあります。遺伝によって、以下のような人に分かれるのです。

  • 5αリダクターゼが多くアンドロゲンレセプターの感度が高い人
  • そのどちらかを受け継いだ人
  • どちらをも受け継いでいない人

ここでは、はげがどのように遺伝するのかを説明しながら、その確率についても見ていきましょう。

母方の祖父がはげている人は要注意

アンドロゲンレセプターの感度が高い遺伝子は、母親から遺伝するもの。X染色体上にあり、母親からからしか受け継ぎません。母親にこの遺伝子があるかどうかは、母方の祖父がはげていたかで判断できます。

母方の祖父から隔世遺伝ではげの遺伝子を受け継ぐ確率は2分の1。さらに、母方の祖母の父親(曾祖父)がはげていた場合は、はげやすい子どもが生まれる確率がさらに高まります。

はげの遺伝子は優勢遺伝する

一方、5αリダクターゼが活発に働く遺伝子は優性遺伝します。つまり、父親・母親のどちらかでも5αリダクターゼが活発に働く遺伝子を持っていた場合は、その遺伝子が子どもに優先的に受け継がれるのです。

父方・母方の祖父母がともにこの遺伝子を持っていた場合、子どもは全員がはげやすい遺伝子を持つことになります。また、この遺伝子を持つのが父親だけだったとしても、その両親の祖父母が両方持っていたら、子ども全員に遺伝します。父親・母親それぞれの親のどちらか一方がこの遺伝子を持っていた場合は、4分の3の確率ではげやすくなるでしょう。

はげる原因は遺伝以外にも

はげる原因は遺伝以外にも

はげる原因は遺伝だけではありません。普段の食習慣や睡眠のとり方、日ごろどのようなストレスにさらされているか、どのようなヘアケア商品を使っているかもはげる要因になり得ます。ここでは、遺伝以外にぜひ知っておきたい、はげの原因についてわかりやすく解説します。

不規則な生活習慣で血行が悪化

「油分の多い食事を摂取している」「過度な飲酒」「睡眠不足の日が続きやすい」といった人は、はげやすい生活習慣をしていると言わざるをえません。こうした生活を続けていると、髪の生成に欠かせない重要な栄養素が不足し、髪が育ちにくい状態に陥ってしまいます。

さらに、睡眠不足によって血行が悪化すると、毛髪に必要な栄養素や酸素がうまくいきわたらず、髪が弱ったり髪の育成に悪影響を及ぼしたりします。過度な飲酒や喫煙なども、血行を悪化させる一因です。

ストレスで過剰な男性ホルモンを分泌

仕事上のストレスを抱えていてなかなか解消できない人は、男性ホルモンが多く分泌されている状態です。ストレスがたまることで過剰に分泌された男性ホルモンが脱毛の原因となるジヒドロテストステロンを生成、またストレスによって血管が収縮して血行が悪化するため、はげやすくなってしまいます。

ヘアケア商品で地肌を刺激

ヘアケア商品を選ぶ場合は、自分の地肌に合うものかどうかを確かめることが大切です。新しいシャンプーを使ったあと、頭皮の炎症がおこったりフケがたまりやすくなったりしたら、すぐにそのシャンプーを変えるようにしましょう。

刺激の強いシャンプーや整髪料、カラー剤、パーマ剤は、頭皮環境を大きく損なう可能性があります。頭皮環境の乱れがはげやすさにもつながるため、自分に合うヘアケア商品を選び、「頭皮を強く洗いすぎない」「しっかりと洗い流す」といったことがポイントです。

遺伝ではげてしまったときはどうすればいい?

遺伝ではげてしまったときはどうすればいい?

父方・母方の遺伝がもとではげてしまった場合は、市販の育毛剤などを使っても、髪の状態が改善する可能性は低いと言わざるをえません。この場合、ぜひおすすめしたいのは、専門医のいるAGA治療のクリニックを受診する方法です。

AGA治療のクリニックに相談

AGA治療のクリニックを受診すれば、自分の症状に合わせた治療を受けることができ、問題解決に向けてもっとも適した道筋をたどれるのが大きなメリットです。クリニックで処方される医薬品を使えば、はげの進行を遅くしたり、薄毛を改善できたりする可能性が高まるでしょう。

はげるのは遺伝だからとあきらめない

はげるのは遺伝だからとあきらめない

はげる原因は遺伝だけではないとはいっても、遺伝によってはげる人が多いのも事実です。父親や祖父など、血縁関係のある人に薄毛の傾向がみられる場合、「自分もそうなるのではないか」と不安に思う人も多いでしょう。

そうした不安を払しょくするためにも、薄毛が気になる人は、生活習慣をあらためるなどの対策が必要です。またAGA治療のクリニックの受診も検討してみましょう。早めに対処するという意味でも専門医に診てもらうにこしたことはありません。

そこで、活用したいのが総合医療アプリのアイメッドです。アイメッドを使えば、いつでもどこでもオンラインで受診でき、時間がない中でも適切な診断を受けることができます。時間を節約しつつ大切な毛髪を守るためにもオンライン受診を考えてみてはいかがでしょうか。

監修者

河村優子(かわむら・ゆうこ)

河村優子(かわむら・ゆうこ)

アンチエイジングをコンセプトに体の中と外から痩身、美容皮膚科をはじめとする様々な治療に取り組む医師。海外の再生医療を積極的に取り入れて、肌質改善などの治療を行ってきたことから、対症療法にとどまらない先端の統合医療を提供している。

保有資格

  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 日本麻酔科学会専門医
  • 日本レーザー医学会認定医 ほか
上へ戻る